nyonin2005004.jpg
みるみるうちにパーマをかけられ、カットされていくうちに、僕の髪型は全然変わっていきました。
前、横、後ろとすっごくきれいに丸く丸く揃えられて
仕上げにすその産毛を剃っているようてした。

どうも色も栗色に染められ、眉も細く整えられちゃったのです。

あっ  化粧もしてる。どうしよ・・・・

全然女っぽくなってる。
確かに「女の子っぽくなると言ってたけどこれじゃ・・」
nyonin2005003.jpg
nyonin2005002.jpg
かくして不幸な少女がまたここで生まれた
「この蛇みたいの何?!」、
すっかり女の子の格好になった舞君の周りに正体不明の何本もの触手が現れた。

「プスッ」と音を立てて舞君の胸、お尻と刺さり、何やら液をそこから注入し出した。それは甘味な感覚を全身に走らせ、やがて胸がさらに大きく、お尻もたとえようもなく大きくなりばしめた。強烈な女性ホルモンが体中を走る。
 この触手、僕を女にしようとしている!!  「やめて、今、美容院で強引に女の格好させられちゃったけど、ぼ、僕おとこよ、」「あ、あした取るのパーマも」「あ・ ・・ん」「あん」
 頬にかかる髪がさらにカールを増してきている、いや、髪が伸びてきている、やがて肩までかかであろうその髪はみごとなウェーブを描き伸び続ける。肌が白くよりきめ細やかになる。
 胸の拡大は止めてくれない。僕の膨らむ胸は少女用のブラジャーからあふれだしたはちきれんばかりだ。「やめて、これ以上ホルモンを入れたら、あ、あたし・・・・・・」
THIS SIDE
HOME
女装美容院
BY milda7
美容院に入って、おねえさんに言われたとおりに言いました。

鏡を見たら、やっぱり足元が女の人みたいで恥ずかしかった。


美容院の人は「女の子見たいになるけどいい?」と言ってパーマかけることになってしまいました。
きっと軽くかけるだけだろと思っていました
その日突然、美容院の人が、僕の服にパーマ液をこぼして、「ごめんなさい、お着替え持ってくるわね」と言ってピンクのドレスと帽子、下着も汚れたからって全部着替えさせられちゃった。
後は美容院の人になすがまま、「この服には、この髪型が似合うわね」ってまたパーマをかけられて、くるくるのふわふわの髪型にされちゃった。
 何がなんだかわからないまま、店を出て、恥ずかしくって走って近くの公園のトイレに駆け込んだ、その後ろ姿は、どこから見ても女の子。かわいいベレー帽の下にはすっかりカールされた髪の襟足が覗き、短めのスカートはたっぷりとフリルのついた下着が丸見えだということも知らずに走る。
やっと入ったトイレの鏡に自分の姿を映す。
 ああ、髪はアップでカールだらけ、リボンもされちゃってる。靴も鞄も、こんな格好、来たときと全然違う格好、どうしょう。

 どうしてこんなに胸が膨らんでいるの!?
 なんだか、この感触・・やわらかい、「ある! 僕胸がある」どうしたの、どうして、胸が膨らんで来ている。
 このトイレおかしい!!
nyonin2005001.jpg
inserted by FC2 system